2019年03月02日

迷走瞑想 韓国

労組、戦犯企業、賠償金、技術流出、高い賃金、不安定な政情、最低の生産性。

唯一のメリットだった電気代もムンくんが原発廃止を打ち出したので死んだ。

もうデメリットしかない国に工場を置く理由がない。

ブレクジット後のイギリスの方がまだなんぼかマシなんではないか。

 こういう書き込みが 対 「 韓国 」 の自動車産業に
対してありました。



  納得。

今回の 米朝会談が 少し座礁したことに
韓国内でも 色々 青写真が狂ったのでは
ないかとおもいます。

 インドとパキスタンが
米中の代理戦争に なりかねないこの時期に
米国 中国 どっちが 後ろ盾になってくれるか、が

これからの「 キーワード 」

 まぁ 我が日本国は アメリカの「 ポチ 」 だから
どっちにつくは 決まっていますが
韓国は 果たして どっちに 着くのか?

 いま、 思案中みたい。


105756641-1550964584031tvbroll.00_01_34_16.still001.530x298.jpg


折り畳みスマホでも
サムソン 対 ファーウエイ が
「画面中央に しわ が よる、よらない 」 で
マウント合戦中です。

 韓国 孤立に まっすぐ中です。
posted by コンロッド at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

画面 アンド 画面

なにやら
ドイツの自動車メーカーの
高級車の新型実験中の写真。

 まぁ ハンドルやらウインカーとかは
無くならないけど それ以外は

ぜーーーーーーんぶ、タッチパネル??

 液晶やら 有機パネルやらで
アナログ風の メーターパネルの画面を
見せつけられるのが 増えてきましたが
バッテリー 落ちると どうなるの??

 災害後の オール電化のお家みたいに
なーーーにも、見えない使えない。

 あちゃー。

BBTVQxU.jpg


 スマホの画面が 半日で ベトギタ。
特に冬は 乾燥するから メンタムとかの
油系のものを 手のひらに塗るから
それが指先に移り いつの間にか
画面が ギタベトに。

 あれ?  ベトギタ  と  ギトベタ と

どっちが 語感がいいかな??

 どっちにしても いつも トレシーで
拭き拭き。

 インパネは 太陽の反射によっては
ビックリするくらい 指紋がくっきり見えるし。

 かといって あんまり 指先が乾燥カサカサだと
パネルが 感応しないし。

 皮手袋とか 反応してくれくのかな?
指先に包帯とか??


 左の画面見ながら 右画面操作なんて

アナログの 針が 振れている時代が
懐かしいなぁ。 
posted by コンロッド at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

トリバゴ おねいちゃん

昭和二十年代 生まれは
やっぱり「 パツキン 」ねいちゃんが好き。

 プレイボーイの 拡がるピンナップ ヌード写真は
やっぱり 金髪(パツキン) ねいちゃん。

 どきどきしながら 見たものです。

だけど 多分 身長が六尺以上あって
見下ろされちゃうんだろうな?

 なんて、ませた中学生は 考えていました。

ハリウッド映画では 普通の背丈に見えますが
周りの男優さんが でかいから 相対的に
小さく見えるわけで・・・

ご本人は 180近いなんてざらです。

 トランプさんの 娘さんなんかが
典型例。  デカいです。


2017.07.24-natalie-emmons02-1.jpg



 

  しかーーーーーし
この ナタリー エモンズさんは・・・
159センチ。
それも ガチガチの 洋もの超美人。


maxresdefault.jpg

 小さい、というか、 ジャスト 日本規格。

バラエティ場組でも まったく溶け込む。

 それに、 めちゃ 日本語がうまい。

いま、 日曜の朝 6時から 「じょんのび 日本 」とかいう
紀行番組にでていても 流暢な日本語で
新しい旅番組になっています。

 東北に住んでる 少しズーズー弁の ダニエル カールさんと共演すると
日本の 番組なのに 外国人が2人 それも 日本語で話していると
なんか、へんな 感じの 番組。

sirabee20171207natalieemmons1.jpg



 いまのところ 安い宿探しの 「 トリバゴ 」 CMで
よく見かけますが なんで もっと 売れないのか ? 
不思議な ひとり。

 陰ながら オ〜〜〜エン してます。

パツキン美人、 いいなぁ。
posted by コンロッド at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする