2019年11月14日

ぜーんぶ、裏がある

puffer-8.jpg





 今までとなんか変わるときは
「裏」側でバワーが働いていると
考えればよいのですよ。

 何もなければ
従前通りの筈なのに
なんか変わると、誰かか損して
そして新しい誰かが得をするのです。

その新しい誰かが
誰になるかが大問題なのですよ。


 それが、現代社会。

今回の?大学入試の
大きな変革も、このセオリー通り。


 リクルート疑獄に
なんか似てます。


 森友問題
加計学園問題
英語入試問題

 安倍首相は「教育」絡みが
多いですね。


 昔は、建設とか株価が
この手の「取引」に使われていたのに。
posted by コンロッド at 08:39| Comment(0) | ma | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: