2019年03月23日

一目散に出口へ

nya9312c070.jpg




朝の通勤で
たまーに終点になる電車に
乗る事があります。

 8割位の混みぐあいで
長椅子の真ん中辺りに座って
ギリギリまでスマホをいじっていたのに、駅に着いてドアが
開いたら----

即座にすっくと立ち上がり
がーーっと出口ドアに行き
周りの人にガンガンアタックしながら降りて行く、クソ野郎。


 急いでいるなら、座るな!

 あらかじめドア近くに行ってろ!

 もう一本前の電車に、乗れ!
「」
 降りる時、こけろ!

 と、ぶつかっていった
見ず知らずのオッサンに
一瞬ですが、上記の
各項目が頭をよぎります。


心の小さな自分を
諌めるまでが一連の流れ。


あーいうやつは
交差点で、「緑」になる前に
渡り始めて、事故起こすんだ
と、心の隅っこに
感じます。


 文字にしてみると
ストレス溜まりません。

「スッキリ!
posted by コンロッド at 09:21| Comment(0) | ma | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: