2019年03月16日

脇役という多方面

puffer-5.jpgなんか、映画やら舞台を
やると決まったら必ずいるのが
「主役」。


 「主役」だから
責任重いし忙しいから
他のものには、出演とか
物理的に無理が出ます。


 ところが、脇役となると
ちょい出だから、ハシゴが
出来る。

 また、印象が濃いようで
薄いから、ハシゴができる。

 ここは、あの人が
はまり役になるし、ギャラも
おさえられるからで、ハシゴが
増える。


 車を作る上で
わざわざオリジナルのエアバッグやらシートベルトは作らない。
脇役だから。


 だけど、それに何かの問題が出ると全車種近くに影響やらリコールが
発生しちゃいます。


 今回の
キエールもとい、
ピエール瀧容疑者も
原理は同じ。


 色んな場所場面に
影響出まくる。


堅さを堅持したい、NHKとか
処理早い速い。

 あっという間に消されます。

土埋め電車と同じです。


 事務所的には
「違法行為」「遵法精神」の
大義名分で、処理だろうから
イバラの道が延々と続くんだろうな。


 わかっちやいるけど
やめられない♪
posted by コンロッド at 05:54| Comment(0) | ma | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: