2018年06月05日

土ごちゃ混ぜ

180526_092311.jpgベランダの植木

太陽も水もみーんな
条件いいのに…

何故か元気の無い花が
います。

色々調べてみたら…

土の中の
微生物やバクテリア
ペーハーが

他の種類の花を
植えたあととかは…
その花達特有の
土になり、バクテリアとかの
バランスがかなり
狂っちゃう。

本来なら…いつも
新鮮な新しい土を買い換えないといけないそーです。

古くなった土は…

燃える?燃えない?
ゴミに出すの?

うーん、考え直さないと…
枯れるのは
辛いですね。
posted by コンロッド at 08:29| Comment(2) | ma | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「土ごちゃ混ぜ」を読ませて頂き、生物学の先生が「生命体にはその種固有の生存戦略がある」と教えてくれた事を思い出しました。
自己の保存と種の拡散。これを同時に達成するために、その花は土中の微生物、バクテリア、PH等をコントロールしている訳ですね。凄いなぁ。
花がこれだけの事を行うのだから、動物もかなり高度な生存戦略を持っているのでしょうね。
さて、人はどうなんでしょうか。人口減少社会の到来は種の保存則に反している気がしますが、誰かその辺の事情を詳しく説明してもらえるとありがたいなぁ。
Posted by おふく at 2018年06月08日 17:45
ども、一瞬学術的なこの場には
不釣り合いな アカデミックなコメントを
いただき 恐縮です。

確かに みんな生き残りをかけて
戦ってきて 戦っているのが
うちのベランダで見れたのは
幸せです。
 ここ数百年で 人類は あまりにも
環境が変化しすぎて対応できていないのが
現状だとおもいます。

単位が千年ぐらいじゃないと
見えてきませんが 多くなりすぎを
遺伝子レベルで察知して 自粛を
しているのでは ないかと推測します。

花が咲きすぎて 茎がもじゃもじゃしてきた
植物は 一度かなりん刈込を入れると
元に戻ります。今はその時期なんでしょう。
Posted by もか ちち at 2018年06月08日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: