2017年06月28日

編集が…困難

20170627-00000068-spnannex-000-2-vie.jpg30年ぶり…とか
言われると野次馬根性出ます。

藤井四段が、というより
14歳にまずビックリ。

自分を振り返れば…
親父の渡米後の荷物の中にアメリカのPLAYBOYの雑誌を見つけて大自慢で学校に持っていってみんなで…
アンダーヘアーを鑑賞したのを…覚えてます。

オサナイなぁ。


確かに、将棋や囲碁は
年齢体格とかに関係ないから…駒や石が動かされば
ひふみんにも勝てちゃいます。

バレーやバスケ
柔道や剣道に野球やサッカーでも…なかなか中学生が大人をやっつけるのは
難しいです。

昔から、一見弱そうな
ほうが、勝っちゃうのを
日本人は大好物です。


多分、あの狭い対戦部屋にあれだけのマスコミとシャッター音は、藤井さんは
慣れたにしても…
対戦相手には…

かなりのプレッシャーです。

それだけで…負けちゃう。

かわいそうなのは
手の進みかた。

解説の方が…
なるほど、とか
凄いと言っても10手先
ぐらいに…効果が表れるからテレビ的ではまったく
ありません。

ひふみんの解説は
まったく話している内容も滑舌も息が抜けるから
わかりづらい。

だけど…そこがまた神格化で神秘的だから…
いいのです。

サッカーみたいにゴールや野球のホームランは
誰が見てもわかるけど…

相手が投了して頭下げるまで…じゃなくてチェスの
ように…しっかりチェックメイトみたいに
相手の王をしっかり
手の中に入れて
ガッツポーズをしてほしいですね。

まぁ張本さんに
はしたないと渇を
入れられちゃいますが…


こうなったら
4050連勝しちゃって
ください。

ちびっこが大変です。

この間まで
卓球やりなさい、で
今度は将棋。

がんばれー。
posted by コンロッド at 08:35| Comment(0) | ma | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: