2017年05月27日

それこそ、忖度だろ

product_img_f_18742261.jpg今上陛下の退位に関して
ある専門家が…

何もしないで、いるだけで…との発言に

本当かどうか
わかりませんが…
陛下がご不満を云われた。

俺の気持ち
わかってねーなー、で
しょうね。

陛下は…
事務系の仕事より
国民と直接接することが
一番であり…それを一番優先されてきたのに

そして今は満足に
出来なくなってきているからリタイアのお気持ちを


ある専門家は
やらなくて良いから、と
全否定には

わかってないなぁ…と


思われるのは当然です。


また、こんな辛いきついのは子孫にさせたくないからずっとにしてね、が
現行一代限りは
陛下にとって満額回答ではないはずです。

ご自分が泥をかぶり
末代への重しをどけたいは先代として当然です。

長寿社会が皇室にも
来てます。

初孫が皇室離れます。

民が天皇に忖度しなくて
誰がするの?

まったくワカランジンが
学者してます。

まぁ深慮として
退位は寂しい、だから
いてくださるだけで…
も、わからないでは
無いのですが…。

あらためて…。
posted by コンロッド at 12:29| Comment(0) | ma | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: