2020年02月19日

CDキラー細胞

puffer-68.jpgyjimage-12.jpg
110歳以上の人たちの血液にはがん細胞などを攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」が多く、中でも、特に「CD4陽性キラーT細胞」と呼ばれる細胞は20代から70代までの45人の平均と比べて、およそ10倍含まれていたということです。


 上のニュースは
全国の超高齢者の調査で
わかった事がありました、のくだり。


 結局は
遺伝子で「長生き」は、ほぼ決まると
聞いた事が有ります。

 設計段階で、決まっているんだから
そうそう偶発的には、「長寿」は
生まれません。


 車でも、長い間使っていると
ぜーんぶがバランスよく
「ヤれて」来ます。

 そこで急に、何か
例えばタイヤだけ交換したら
グリップが良くなってしまい
それを支えているバネやら
アブソーバーが、オーバーワークしてしまい、結局はそれで速く壊れちゃう。

 全体的にオーバーホールしないと
強い所が勝って
弱い所にしわ寄せが行ってしまいます。


 まぁ、この記事のように
わかった所で、「じゃあ、それをどうするの?」みたいに
発見はできたけど実用化が
???じゃあ、こっちが先に
逝っちゃいますね。

 あと100年ぐらいすると
「昔、人間って死んだんだって」
なーんて、小学校の保健体育の授業で
習っているかもしれませんね。
posted by コンロッド at 08:29| Comment(0) | ma | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする