2019年06月28日

ソイレント グリーン

puffer-62.jpg   



 と、聞いて
ピンときたかたは
50年前の映画を覚えていた
という事です。

 NHKの映画
渋いのをやってくれます。

 1973年の映画だから
高校生位です。

 主演のチャールトンへストンも
若い若い。


 そして注目すべきは
近未来の設定で
その年が2022年。


 当時からしたら
どんな先の話かと思ったら
あと数年で、これが現実になるの?

 もう、ネタバレしても
いいと思いますが
極端な食料不足で
安楽死させた人間を加工して
ソイレントグリーンという配給性の人間用の「エサ」にする。
最後には、悪事をばらすで

「原料は人間だー」でしたが

凄く覚えていました。

 まー携帯電話とかは
想像されていませんでしたが

高級民、下層民、人口増加
不景気とか
食料不足は
当たっていましたね。


 上級民が住む家には
家具と言われる備え付けの女性が常備されていて、バンバン殴られて
タバコもみーんな吸ってました。

 時間の経過を感じましたね。


その頃から
警告を出していた名作ですね。


 昔、設定された
近未来がもうすぐリアルに
来る。


 ながーく
生きてます。
posted by コンロッド at 08:38| Comment(0) | ma | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする