2017年03月12日

助ける側の…不慮

ra2017030501_50.jpg例えばホームから
酔っ払いが落下。

助けに行った人が電車に
轢かれちゃう。

うーん…悲惨。


今回の、山岳救助の
ヘリコプター墜落事故。

働き盛りの方々が
9人も殉職。

訓練中に。


なんのための
訓練かというと…
雪山での遭難者の救助
がメイン。

好きで登って…あげく
遭難したら…見捨てるわけにも行かず…


こういう縁の下の力持ちの方々の不断の努力に
支えられて助かる。

だから…助ける側の
こういう事故はやるせない気持ちがいっぱいです。


ヘリコプターは
なんらかの故障でも
飛行機みたいに急な落下はしないで徐々に落ちてくるはずなのに…今回は
お腹が天を向く
ひっくり返し。


よっぽどの叩きつけ。

そりゃ
低空飛行とはいえ

ビルの高さなら
30階ぐらいあるから…
落ちればヤバいです。

5000時間の
ベテランパイロットでも
1回の何かで
命を落としました。

やはり空は
怖いなあ…。

殉職された方々に
謹んで哀悼の意を表します 。
posted by コンロッド at 11:44| Comment(0) | ma | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする