2017年02月09日

手摺が…狭すぎる

131781983797013105702.jpg児童公園で
痛ましい…それも
滑り台とかがからんで
死亡事故が起きてます。

あれもダメ
これもダメにしちゃうから冒険なんか…まず無理。

遊具を作る側も…
高いところから
落ちたら大変だから
手摺を付けますが

こぼれちゃ困るから
どんどん隙間が無くなり
落ちるのは防げるけど…

今度は
物がからまりやすくなって縄跳びロープが
絡まり…絞首刑の
ひもに…悲惨です。

まぁ小さい子どもだけで
遊ばせるのが…
多少無理がありますが…


特に昔ならVネックの
セーターぐらいだから
首周りはスカスカ。

だけど
今は、パーカーとかには
紐ついてるし
マフラーだって首に巻きます。

首には
頸動脈というめっちゃ
命にかかわる大事な
血管があるから…

それが締まると
気道も絞まるし血も止まり意識が飛びます。


むかーし
ネクタイを垂らして仕事しているサラリーマンさんが床に置いてある
シュレッターの機械に
ネクタイが食べられて
グイグイ引き込まれて
首が締まったという事故が合ったのを記憶してます。

必殺仕事人でも
三味線の弦で首絞めをやってました。

首周りは
動物にとって急所という
事をもっと声だかに
言うべきです。
posted by コンロッド at 08:42| Comment(0) | ma | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする